居酒屋経営ナビゲーション

居酒屋経営を考えた時に準備したい3つのポイント

終身雇用制度が無くなったといわれる昨今、サラリーマンとして雇われるのではなく、自分が独立して開業しようという人が増えてきています。

 

特に脱サラする人は、かつて自分にとってなじみの深かった居酒屋を経営したいとを考えている人が多いようです。
上野にあるよくおすすめされる居酒屋のようなお店を持つこと等、
確かに自分のお店を持ついうのは夢のような話ですが、夢と気持ちだけでは成功することはできません。そのため居酒屋を開くにはしっかりとした事前の準備が必要になります。

 

では、事前準備とはどういったことを擦ればよいのでしょうか?
非常に基本的なところからポイントを挙げてみましょう。

 

1.独自経営か、フランチャイズか
インターネットや雑誌、開業に関する書籍を調べるのは
もちろんですが、専門のコンサルタントに相談する他、個人経営の居酒屋オーナーに開業のアドバイスをもらったり、大手のフランチャイズチェーン店が開催しているセミナー等に参加してみると良いでしょう。

 

自分独自のお店を出すのか、それとも開店に関するサポートを受けられるフランチャイズチェーンに入るのか、お店の方向性を決める重要なポイントと言えます。

 

この時点で十分情報を集めて居酒屋経営にの勉強をしておくことで、独自・フランチャイズのどちらの選択をしてもぶれずに次のステップへ進めるよう準備をしておきましょう。

 

2.脱サラに向けての準備

 

脱サラをして居酒屋経営を考えている人の多くは、40代〜50代の男性サラリーマンです。
この頃には家庭を持って、子供がいればお金もかかる時期である場合も多いでしょう。
ですから、自分の家族や親族に予め相談をして理解を得ても事ことが大切です。

 

自分だけで経営を成り立たせるのは現実的に厳しく、家族や親族の支えがあって肉体的にも精神的にも安定して開業ができるはずです。
どんなに辛くても、家族がいるから頑張れると励みになります。

 

そして、理解が得られれば会社の退社に向けて動き出しましょう。
開業を決めたからと言って、すぐに退職するのはNGです。職場の人たちはもちろん会社にも迷惑がかかります。
そのため、退職の希望を会社に伝えるのは、退社希望日から3ヶ月〜半年前くらいにしましょう。

 

きちんとした引継ぎを行い、円満退社することで自分の気持ちの整理もできてスッキリでしょうし、もし会社の仲間に居酒屋を始めることを言うのであれば、その人たちがお得意様になってくれるかもしれないのです。

 

3.資金対策は居酒屋経営の要!

 

居酒屋を開業をするには大抵大きな額の資金が必要で、これが無ければ話になりません。

 

必要な資金は規模などによって数百万円〜1,000万円と非常に幅があります。

 

自己資金での不足分は銀行からの借り入れるという方法がありますが、銀行に申し込んでから借り入れまで1ヶ月以上かかる場合がありますし、金利も高いです。

 

万が一の事を考えて、多めに開業資金は多めに試算して自己資金を準備しておきましょう。

 

このようなことを考慮して、資金の目処が立てられたら退職を考えるようにしましょう。何事にも焦りは禁物なのです。

自己資金と借り入れの際の注意

居酒屋を開店させるには、以下の点で大きなお金が必要になってくるので、
十分な資金をプールしておくことが必要不可欠です。

 

1.立地
2.店舗の規模
3.店舗保証金、
4.内装設備資金

 

1から3はもちろんですが、4は選定業者によってかなり金額に幅が
出てきます。
自分のお店なので内装などのこだわりもあるでしょうから、
業者は慎重に選びましょう。

 

いずれにせよ、開店を左右するお金ですから少なくても数百万から
1,000万円くらいの資金が必要であることを覚えておきましょう。

 

資金の種類の内訳は、自己資金・銀行からの借り入れとなりますが、
それぞれ注意すべきポイントがあります。

 

<自己資金>
 自己資金とは、自分の貯蓄によるお金の事を指します。

 

 よく親戚や友人から資金の贈与や借り入れをしたりするケースも
 ありますが、残念ながら自己資金と認可されないこともあるので
 要注意です。
 自己資金はあくまでも自分の蓄えであることを認識しておきましょう。

 

 一般的に、居酒屋をはじめとした飲食店の開業資金は、自己資金を
 1/3程度にする事が適当とされています。

 

<金融機関からの借り入れ>
 自己資金での不足分は金融機関からの借り入れになりますが、以下の点が
 ポイントとなります。

 

  ・貯蓄などの信用取引がある銀行では、借り入れの際の手続きがスムーズ
  ・店舗を開店する地域の地方銀行は地域密着型なので、比較的借りやすい
  ・日本政策金融公庫
    政府系金融機関で、金融機関からの借り入れ申請が困難な人を
    対象にしており、開業する人の多くが利用しています。

 

    申請にかなりの時間を要するので、早めの検討が必要になってきますが、
    民間の金融機関と比べて担保や保証人の条件なども比較的ゆるいです。

 

資金の準備には自己資金をコツコツ貯めたり、金融機関での借り入れに
時間がかかったりするので、開業するには早めの行動が必要なのです。

 

 

更新履歴