居酒屋経営の基本

居酒屋経営の基本記事一覧

有名な居酒屋チェーンと言えば、色々なお店の名前が出てくると思います。そういったお店は全国どこへ行っても同じメニューで内装も同じような感じになっているので、気に入った居酒屋チェーン店があればいつでもどこでもお気に入りの雰囲気や味を楽しめることでしょう。そして、これがチェーン店の大きな特徴と言えます。正式にはチェーンストアといい、フランチャイズチェーンという名称もあるので混同してしまいそうですが、簡単...
有名な居酒屋チェーン店はたいてい全国展開されていて、同一のメニューや内装であることが多いはずです。一方、フランチャイズの場合は「独立採算制」であると言えます。店舗側が独自の経営を行うもので、「本部」と言われるグループ店の経営会社が仕入れや経営ノウハウなどの援助をします。上記以外にも、フランチャイズではメリットやデメリットがありますので、それをご紹介します。<メリット> ・チェーン名やロゴなどを使用...
居酒屋を開店するにあたり、ある条件に当てはまる場合には警察署への届出が必要になってきます。夜の商売を行っていると、どうしてもトラブルが発生しやすくなります。万が一の時に警察に対応してもらうためにも、正しく申請する必要があるのです。1.深夜酒類提供飲食店営業開始届出書 深夜12時を過ぎて酒類を提供する場合の店舗経営には必須となります。 この届出書が不要な場合の例としては、営業時間が11時までだったり...
居酒屋を開店するには、お金だけ必要と言うわけではありません。飲食店を経営するための資格や認可も必要になってくるので、今回はそれをご紹介しましょう。<食品衛生管理者の資格取得> 食品衛生責任者の資格を持っていない場合、自分で取得することになりますが、 食品衛生責任者講習を受けることでその資格を取得することができます。 食品衛生責任者養成講習は年に数回、もしくは月に数回、都道府県知事などの 指定を受け...
飲食店を経営するには保健所、場合によっては警察署への届出が必要ですが、更に消防署に対しても届出が必要になってくる場合があります。<防火対象設備使用開始届> 建物や建物の一部をこれから使用しようとする場合に必要で、使用開始の7日前までに 消防署へ提出する必要があります。 ただし、内装業者によって届出がされる場合が多いため、事前に内装業者に 確認をしておきましょう。<火を使用する設備等の設置届> 居酒...