警察署への申請書類

警察署への申請書類

居酒屋を開店するにあたり、ある条件に当てはまる場合には警察署への
届出が必要になってきます。

 

夜の商売を行っていると、どうしてもトラブルが発生しやすくなります。
万が一の時に警察に対応してもらうためにも、正しく申請する必要があるのです。

 

 

1.深夜酒類提供飲食店営業開始届出書
 深夜12時を過ぎて酒類を提供する場合の店舗経営には必須となります。
 この届出書が不要な場合の例としては、営業時間が11時までだったり
 ラストオーダーが11時半までといった場合が挙げられます。

 

 極論してしまえば、11時59分にラストオーダーでもこの届出書は不要なのです。

 

 しかし、居酒屋は夜から12時を過ぎるくらいがお客様の来店のピークに
 なることも多いので、居酒屋経営する人の多くはこの届出書が必要に
 なってくるはずです。

 

 届出書は営業開始の10日前までに、店舗の所在地を管轄する警察署へ
 提出しましょう。

 

 

2.風俗営業許可申請
 スナックやバーなど、積極的に何らかの行為やサービスを提供する場合に
 必要な申請で、営業開始の2ヶ月前までに手続きが必要となります。

 

 その業態によって飲食店の場合には1号から6号まで分かれています。
 大まかに言うと以下の通りです。

 

  1号 キャバレー
  2号 料理店、カフェー
  3号 ナイトクラブ、ディスコなどのダンス飲食店(客への接待不可)
  4号 ダンスホール(客への接待不可)
  5号 低照度(10ルクス以下)の飲食店(客への接待不可)
  6号 主に他から見通すことが困難な席を設けているところ(客への接待不可) 

 

開店準備をしつつこれらの手続きをするのは大変なので、専門の行政書士に
依頼をして手続きを代行してもらうのも良い方法です。

 

過去に違法行為をしたり一定条件下の人に対しては、許可が下りない場合もあります。
また、無許可で営業を続ければ警察に摘発を受け、経営を継続することが
できなくなりますので、きちんと確認をした上で届出をするようにしましょう。

 

 

警察署への申請書類関連ページ

店舗の形態について 「チェーン店」編
店舗の形態について 「チェーン店」編
店舗の形態について 「フランチャイズ店」編
店舗の形態について 「フランチャイズ店」編
保健所への申請書類と必要な資格
保健所への申請書類と必要な資格
消防署への申請書類と必要な資格
消防署への申請書類と必要な資格