立地条件をうまく利用しよう

立地条件をうまく利用しよう

居酒屋を開店させるに当たって、お店の立地条件は経営を左右するほどに
重要になってきます。

 

どんなに低価格メニューであったとしても、立地条件が悪ければ
安定的な経営を続けていくのはなかなか難しいと言えます。

 

店舗開店に当たり、以下のポイントを考慮して開店する場所を考える必要があります。

 

 ・駅や商店街に近い
  利便性の高い地域に開店すればお店の認知度も上がります。
  やはり人通りが多ければ、「ちょっとこの居酒屋に入ってみようか」という
  気になる人も多いはずです。
 

 

 ・オフィス街の近隣
  会社帰りに気軽に立ち寄ってもらえたり、宴会などでお店を使ってくれる場合が
  ある事が大きなメリットと言えるでしょう。

 

  また、ランチタイムの食事をとる場所としても、足を運んでくれる可能性は
  非常に高いです。

 

 ・競合店の有無や何階にお店を構えるか
  競合店があれば、その店舗に対して大きな差別化を図れるような対応を
  しなければなりません。

 

  また、店舗は1階なのか地階なのかでも「店の入りやすさ」が変わってくるため、
  客足にも大きな営業を与えます。

 

立地条件がよければそれだけお金もかかる事になるので、できるだけ安く上げようと
思えば、以前居酒屋だった場所を使うという方法もあります。

 

この場合、内装に多少の手直しをするだけで良いというメリットがありますが、
閉店してしまった理由も理解しておく必要があります。

 

しかし、その理由が分かれば自分が今後どのような経営をしていけばよいのかの
一つの指針となることもあるという事もあるのです。

立地条件をうまく利用しよう関連ページ

お客様目線で接客の大切さを考える
お客様目線で接客の大切さを考える
挨拶で顧客満足と職場環境の良さを保つ
挨拶で顧客満足と職場環境の良さを保つ
お客様はトイレのキレイさも見ています
お客様はトイレのキレイさも見ています