お客様目線で接客の大切さを考える

お客様目線で接客の大切さを考える

居酒屋は雰囲気の良いものにしたいものです。

 

そのためには「気持ちのいい接客態度」を心がけることも重要なポイントに
なってきますし、最近のお客様は非常にシビアなので、細やかな神経を
もってお客様に対応する必要があります。

 

お店を切り盛りする人たち一人ひとりがお店を作っていくという思いで
教育していくようにしましょう。

 

居酒屋では時間帯によっては大変な忙しさになります。
そんな時、体調が悪くなった人にお水を差し上げたり、バラバラになっている
お客様の靴を揃えるなど、誰も指示しなくてもちょっとした心配りが
できるスタッフの育成ができるようにしましょう。

 

店員の接客態度が良いとお客様も気持ちよく過ごせて「また来たい」とか
「友達も連れてこよう」などとリピーターとなる場合も多いはずです。

 

しかし、その逆に接客態度が悪ければ二度とその居酒屋には足を運んでくれない
ばかりか、ネットの口コミにも悪評価をつけられてしまうかもしれません。

 

今のお客様は非常にシビアです。

 

良ければ非常に褒められてお店の宣伝にもなりますが、悪ければ居酒屋経営の
死活問題になりかねないと認識しておくべきです。

 

また、アルバイト店員を雇う場合にも注意すべきポイントがあります。

 

・接客業の経験者
・人前できちんと笑顔が出せる人

 

大したことが無いと思うかもしれませんが、接客業の経験者は1から接客に
ついて教えなくても、ある程度のノウハウは持っているので非常に頼りに
なります。

 

また、接客業では笑顔でお客様と話ができなければなりません。
無表情な人は、お客様に対しても良い印象を与えることが無いと思いましょう。

 

接客業の経験者が見つからずに新規に人を雇う場合の面接では、この点を
重視して採用を考慮しましょう。
桜木町 居酒屋

お客様目線で接客の大切さを考える関連ページ

立地条件をうまく利用しよう
立地条件をうまく利用しよう
挨拶で顧客満足と職場環境の良さを保つ
挨拶で顧客満足と職場環境の良さを保つ
お客様はトイレのキレイさも見ています
お客様はトイレのキレイさも見ています