消防署への申請書類と必要な資格

消防署への申請書類と必要な資格

飲食店を経営するには保健所、場合によっては警察署への届出が必要ですが、
更に消防署に対しても届出が必要になってくる場合があります。

 

 

<防火対象設備使用開始届>
 建物や建物の一部をこれから使用しようとする場合に必要で、使用開始の7日前までに
 消防署へ提出する必要があります。

 

 ただし、内装業者によって届出がされる場合が多いため、事前に内装業者に
 確認をしておきましょう。

 

<火を使用する設備等の設置届>
 居酒屋を経営するということは、火を使って調理をするわけなので、
 「火を使用する設備等の設置届」の手続きも必要になってきます。

 

 これは設置工事に着手する日の7日前までに提出が必要になってくるので、
 注意が必要です。

 

 <防火管理者選任届>
 「防火管理者」という資格も、火を使って調理を行う居酒屋経営には必須です。
 特に収容店員30人以上の場合には、防火管理者を選任する必要がありあります。

 

 これに適用する場合には、更に店舗の規模によって2つの管理者種別に分かれます。

 

 管轄の消防署などで実施される講習会を受講することによって、資格を得ることが
 でき、受講費用はそれぞれ3,000〜5,000円程度です。

 

  1.甲種防火管理者(講習期間2日)
    ・床面積が300平米以上
  2.乙種防火管理者(講習期間1日)
    ・延床面積が300平米未満

 

 こうした講習を経て、防火管理者を選定し、消防署へ「防火管理者選任届」を
 提出します。

 

大切なお店を守るためにも、しっかりとした防火対策をした店作りをすると
同時に、必要な申請も早めに整えておきましょう。

 

 

消防署への申請書類と必要な資格関連ページ

店舗の形態について 「チェーン店」編
店舗の形態について 「チェーン店」編
店舗の形態について 「フランチャイズ店」編
店舗の形態について 「フランチャイズ店」編
警察署への申請書類
警察署への申請書類
保健所への申請書類と必要な資格
保健所への申請書類と必要な資格