店舗の形態について 「チェーン店」編

店舗の形態について 「チェーン店」編

有名な居酒屋チェーンと言えば、色々なお店の名前が出てくると思います。

 

そういったお店は全国どこへ行っても同じメニューで内装も同じような感じに
なっているので、気に入った居酒屋チェーン店があればいつでもどこでも
お気に入りの雰囲気や味を楽しめることでしょう。

 

そして、これがチェーン店の大きな特徴と言えます。

 

正式にはチェーンストアといい、フランチャイズチェーンという名称も
あるので混同してしまいそうですが、簡単に言ってしまうとチェーン店の場合、
資本は本部である大元の経営者側、フランチャイズ店は資本が店舗側ということに
なります。

 

では、チェーン店のメリットデメリットは何でしょうか?

 

<メリット>
 ・本部で材料の仕入れはもちろん、店舗開発や運営、社員教育などを
  全て管理してくれるので、開業時のコストが非常に抑えられる。

 

<デメリット>
 ・利益や経費も全て本部で管理される。
 ・メニューも画一的で、独自のアイデアが生かされない
 ・本部が経営するスタイルなので、店舗を持って店主になっても
  「雇われ店長」のようなイメージになる。

 

チェーン店のメリットは非常に大きいものの、画一的な店舗になってしまう
というデメリットもあるので悩みどころではあると思います。

 

とは言え、居酒屋チェーンによって様々な特徴があるので、まずは加盟店を募集している
チェーン店の内容をチェックしてみたり、興味のあるチェーン店が説明会を開いている
こともあるので、是非参加してみると良いでしょう。
 

店舗の形態について 「チェーン店」編関連ページ

店舗の形態について 「フランチャイズ店」編
店舗の形態について 「フランチャイズ店」編
警察署への申請書類
警察署への申請書類
保健所への申請書類と必要な資格
保健所への申請書類と必要な資格
消防署への申請書類と必要な資格
消防署への申請書類と必要な資格