店舗の形態について 「フランチャイズ店」編

店舗の形態について 「フランチャイズ店」編

有名な居酒屋チェーン店はたいてい全国展開されていて、同一のメニューや
内装であることが多いはずです。

 

一方、フランチャイズの場合は「独立採算制」であると言えます。
店舗側が独自の経営を行うもので、「本部」と言われるグループ店の
経営会社が仕入れや経営ノウハウなどの援助をします。

 

上記以外にも、フランチャイズではメリットやデメリットがありますので、
それをご紹介します。

 

<メリット>
 ・チェーン名やロゴなどを使用できることで、新規開店しても安定的な集客を
  見込む事ができる。
 ・本部からの経営的な指導や仕入れや販促に関する支援も受けられるので、
  それに関わることなく営業に専念できる。
 ・店舗物件や土地は本部側で調達してくれるので、比較的条件の良い店舗を
  持つことができる。

 

<デメリット>
 ・独自経営と言えどもチェーン店のイメージがあるので、本部からの営業方針に
  従う必要がある。

 

  一例として、指定された商品以外のものを販売したり、経費を安くあげるために
  指定外の備品を使用することにも制約がある点が挙げられる。
 ・チェーン店への加盟料やロイヤリティーの支払いはもちろん、資金は全て
  加盟者・加盟店負担となる。
 ・営業時間や休日も厳守が基本である。

 

有名チェーン店の名前を借りることで、新規営業時の集客アップや、顧客からの
信頼度を上げることができる一方で、そのチェーン店のイメージを損なうような
ことは厳禁ですし、資金も全て自己負担と言う点も熟慮する必要があります。
立川 居酒屋

店舗の形態について 「フランチャイズ店」編関連ページ

店舗の形態について 「チェーン店」編
店舗の形態について 「チェーン店」編
警察署への申請書類
警察署への申請書類
保健所への申請書類と必要な資格
保健所への申請書類と必要な資格
消防署への申請書類と必要な資格
消防署への申請書類と必要な資格